サンダー益男のドリフトな毎日

ドリフトのように滑りまくる日々

ヘヴィーオブジェクトSはアニメ版のあとも喜べるマンガで萌えた

Published / by サンダー益男 / Leave a Comment

猫田のことが気になって仕方ない。のランドセル少女に呼ばれた感じなのでWEBを開いてみると、本当ににゃんこがいました。正確にはポニテの女子小学校にすりよる猫というほうが良さそうですね。周未希子という11年齢の女房は、速攻で猫にフラれてしまいましたが、気丈に振る舞って落胆を隠していますが、ちょこっと愛くるしいですね。こういう息子は勇退族だけに転校が慣れているので、かつて他の学徒らに深入りするつもりがないというから、全く達観した小学校だ。そちらへ乾春菜というツインテが似合う甘い子がやってきて、すぐさま未希子を女子らの間に連れ去ります。そこで男子は猫田という者がお洒落という話になって、やってきた猫田氏を見るとヤバかったのです。そのまんま猫の顔付きをした猫田氏に驚いた未希子は、精一杯突っ込みを含めるもカリキュラムの意地は、これが普通だと言わんばかりに接してきます。これはホントに猫田のことが気になって仕方ないという題名に仮面がありません。しかも、こういう猫男子の隣席に陣取る事項になって、気になる品質を超越してしまうのは当たり前ですね。自ら猫田に触れても特別着ぐるみというわけでもなく、デイリーレクチャーの窓範囲に座り込み考え込む未希子は、すでに際立ちまくっていました。但し、こういう猫田って者、ベトベト実施がハンサム過ぎて、そのギャップに萌えますね。それでも、何気に人間の顔付きが垣間見えたり、考え物が多くて会員を煽ってくれます。どうも未希子の方も同じで、猫田の考え物を暴こうと行動しめくるから、こっち側の要求といった重なって面白く読めるわけですね。後、少女コミックながら、萌え狙いのダディ会員も違和感無く読める絵柄も好感が持てました。二状況女子がフェチなら、可愛い女子小学校を忌み嫌う背景が一向にありませんからね。こんな子が猫に見える男子に恋してしまうとか、興味深すぎて気が壊れそうです。着ぐるみぽい男子が様相良すぎるって、ふと笑っちゃいますが、猫田ははなはだハンサムに現れるから面白いですね。